EMSによる痩身効果は?家庭用と業務用の違いも紹介 - 美活コラム

BEAUTY COLUMN EMSによる痩身効果は?家庭用と業務用の違いも紹介

公開日 2023.08.29 更新日 2024.04.09

EMSによる痩身効果は?家庭用と業務用の違いも紹介

痩身エステに興味をお持ちの方であれば、EMSという施術を聞いたことがあるかと思います。
なかには「具体的にはどのような痩身効果があるのかわからない」「副作用はあるの?」と疑問を抱いている方もいらっしゃるでしょう。

今回は、EMSの痩身効果や家庭用と業務用機器の違い、EMSの痩身効果を高める方法などをご紹介します。
「EMSによる体への影響を知ったうえで、効果的に施術を受けたい」とお考えの方は、ぜひ最後までご覧ください。

EMSとは

EMSは「Electrical Muscle Stimulation」の略で、電気で筋肉に刺激を与える施術のことを言います。

人間の体には微量の電気が流れており、脳が運動神経に電気信号を伝えることで筋肉を動かしています。
この仕組みを利用して、脳の代わりに運動神経に電気信号を送って強制的に筋肉を動かすのがEMSのメカニズムです。
EMSは本人の意思とは関係なく筋肉を動かせるので、医療現場ではリハビリテーションの一環として使用されることもあります。

EMSを使用できる体の部位

EMSは、以下の部位に使用することが可能です。

【EMSを照射できる部位】

  • 二の腕
  • お腹
  • お尻
  • 太もも
  • ふくらはぎ

主に肌のハリが失われがちな部位や、むくみが気になりやすい部位にピンポイントで照射できるのが、EMSの大きな魅力です。

関連記事:EMSを搭載した美顔器で期待できる効果を徹底解説

EMSで期待できる痩身効果

EMSを照射すると、具体的にはどのような効果を得られるのでしょうか。
ここからは、EMSによる主な効果を3つ紹介します。

効果①強い体作りに役立つ

EMSは筋肉に刺激を与え、強い体作りをサポートしてくれます。
もともとはリハビリのために開発された機器なので、運動が苦手な方や、腰や膝に痛みのある方でも、手軽に筋肉を動かせます。

また、気になる部位に集中的にアプローチできるため、部分的に集中してトレーニングしたい方におすすめです。

効果②体のボコボコが気にならなくなる

EMSで筋肉を収縮させると、体のめぐりも整います。
すると、脂肪細胞が体外に排出されるようになり、若々しく過ごすことができます。

効果③たくさん汗をかいてスッキリする

EMSでは筋肉を動かすため、必然的に汗をかきます。
発汗によって体の余計な水分が減ると、ボディラインやフェイスラインがスッキリします。

EMSに副作用はある?

EMSには大きな副作用はないものの、施術を受けたことによる痛みや違和感が出てくる場合もあります。
具体的にはどのような症状が現れるのか、以下にて解説していきます。

①ピリピリした痛み

EMSは電流を流して筋肉を刺激するため、施術中はピリピリとした痛みや違和感が出る可能性があります。
そのようなときは、出力を弱めてみてください。
家庭用のEMSの場合はご自身で出力を調整し、エステサロンのEMSを受ける場合はエステティシャンに伝えましょう。

②筋肉痛・だるさ

EMSの施術後は、筋肉痛や体のだるさを感じる場合があります。
運動のあとに体が疲れるのと同じで、電気によって筋肉を動かしたあとも、運動後のような疲れを感じるのです。

施術後は、ゆっくり休んで疲労回復に努めましょう。
なお、食事には筋肉の栄養素となるタンパク質を取り入れるのがおすすめです。

③やけど

EMSの施術では、体に専用のパッドを取りつけて電流を流します。
その専用のパッドが劣化して配線が露出したまま使用を続けていると、やけどする危険性があります。
汗をかいていると、余計に強い電流が流れてしまうため、必ず使用期限をチェックし、修理に出すか、新しく買い替えましょう。

痩身エステでEMSを受ける際の料金相場

EMSのみのメニューを提供しているエステサロンは少なく、ほかの施術と組み合わせたサービスであることがほとんどです。
なぜなら、EMSは筋肉を刺激して体のめぐりを整えることで、ほかの施術の効果を高められるためです。
また、EMSは筋肉に刺激を与えることを目的にしており、体を温めてリラックスさせたり、肌にうるおいを与えたりする機能はないことも理由として挙げられます。

EMSとそのほかの施術を組み合わせたメニューの料金相場は、およそ5,000~1万5,000円です。
EMSだけを受けられるエステサロンでは、およそ6,000~8,000円が目安でしょう。

家庭用と業務用のEMSの違い

家庭用と業務用のEMSで異なる点は、周波数です。
EMSには低周波・中周波・高周波の3種類があり、それぞれに以下のような特徴が挙げられます。

【EMSの周波数ごとの違い】

 

低周波

中周波

高周波

周波数

11,000Hz

1,00010,000Hz

10,000Hz以上

届く距離

皮下数ミリ程度

皮下34cm

皮下10150cm

出力

やや弱い

やや強い

強い

痛み

痛みを感じやすい

少し痛みを感じる

痛みを感じにくい

特徴

・知識がない方でも使える

・鍛えられる部位が限定される場合がある

・エステサロンの業務用痩身機に多い

・部位を問わず照射できる

・エステサロンに通わなければならない場合が多い

・医療従事者のみが扱える

・リハビリに使われることがある

・クリニックへの通院が必要

おすすめの方

・家で手軽にEMSを照射したい方

・トレーニングをサポートしてほしい方

・体の疲れにお悩みの方

・自分で照射するのが面倒な方

・値段が張っても家で本格的なEMSを照射したい方

・トレーニングをサポートしてほしい方

・体の疲れにお悩みの方

・本格的に筋肉を鍛えたい方

・リハビリが必要な方

・時間と金銭的な余裕がある方

  家庭用のEMSは低周波、業務用は中周波~高周波が多い傾向があります。

なお、痛みは出力数の強弱によって決まりますが、皮膚への抵抗によっても変化するので、この限りではありません。

EMSによる痩身効果を高める方法

EMSによる痩身効果を高める方法として、以下の5つが挙げられます。
できることから実践してみましょう。

方法①有酸素運動も取り入れる

筋肉を覆っている脂肪が厚いと、EMSの痩身効果を十分に実感できないことがあります。
EMSはあくまでサポートとし、脂肪をエネルギーとして消費できる有酸素運動も取り入れてみましょう。
おすすめの有酸素運動には、ジョギングやウォーキング、水泳、サイクリングなどが挙げられます。

方法②食生活や生活習慣を見直す

運動のほかに、食生活や生活習慣にも気を使いましょう。
EMSは、あくまでもトレーニングをサポートするための機器なので、健康な体を維持するためには、栄養のある食事や、規則正しい生活を心がけなければなりません。
これらの習慣を身につけたうえで、無理なく体を引き締めるためにEMSを活用するのが理想的です。

方法③ほかの施術(キャビテーション)と組み合わせる

EMSは、キャビテーションと併用されることが多い施術です。
キャビテーションとは、超音波の高速振動で体内の水分に圧力をかけ、気泡を発生させることで体に刺激を与える施術のことです。

最初にキャビテーションで体の気になる部分をスッキリさせ、その後EMSを使って筋肉を刺激します。
EMSがキャビテーションの効果を高めるので、2つは併用するのがおすすめです。

関連記事:家庭用キャビテーションの特徴・効果とは?使い方や頻度もチェック

方法④EMSを継続して使用する

EMSは、筋トレと同じように継続することがとても大切です。

筋肉を構成している筋線維が破断されると、それを修復する際に筋線維がもとの状態よりも太くなるため、結果として筋肉も少しずつ増えます。
これが筋トレによって筋力がつく仕組みです。

筋肉は破断と修復を繰り返して大きくなるので、トレーニングと合わせてEMSの使用も続けることが、痩身効果を高める秘訣です。

方法⑤自分に合った家庭用EMS機器を購入する

「エステサロンに通いつづけるのは難しい」とお悩みの方は、家庭用のEMS機器を購入して使用を継続する方法が合っているかもしれません。

家庭用機器には、ベルトタイプや、好きな場所にパッドを貼るタイプ、ジェルやミストをかけて機器を肌に当てるタイプなどさまざまな種類があります。
高い痩身効果を求めるのであれば、業務用と変わらない周波数で照射できる家庭用機器を探してみましょう。
また毎日使うことを考えると、使い勝手のよさで選ぶことも非常に重要です。

関連記事:痩身機器で効果が得られるメカニズムと種類ごとの機能を解説

 

自宅でのEMSにおすすめの家庭用全身美容器『MetaLT』

MetaLT

業務用と同じ周波数で照射でき、なおかつ使いやすい家庭用のEMS機器をお探しの方には、業務用痩身器のメーカーとして有名なNBSが開発した『MetaLT』がおすすめです。

NBSの業務用瘦身器『シークレットメス』と同じ周波数でEMSを照射できるうえ、ピッピッという音に合わせて機器を動かすだけで誰でも簡単に使えるのが特徴です。
手に馴染みやすい大きさで、機器を肌に密着させられる角度で自然に持てるように設計されています。
スタイリッシュな見た目でインテリアとして置いておいても違和感がなく、気がついたときに手に取りやすいように工夫されているのも魅力です。

なお、シークレットメスと同じ周波数で照射できるのは、EMSだけではありません。
痩身エステで人気のメニューであるラジオ波エレクトロポレーションも、業務用と同じ周波数で出力できます。

ラジオ波は、超音波による熱で肌を柔らかくし、ハリと弾力を生む機能のことで、エレクトロポレーションは、肌に微小な穴を開けて、肌の角質層に美容成分を浸透させる機能です。
いずれもEMSとの併用で効果が高まる施術で、自動モードを使えば誰でも簡単に使い分けることができます。

葉山潤奈さんにMetaLTのご紹介いただきました。

EMSはトレーニングや生活習慣の改善と組み合わせて毎日継続するほど痩身効果が高まる

本記事では、EMSの痩身効果や家庭用と業務用の違い、EMSの痩身効果を高める方法などをご紹介しました。

EMSは、微弱の電流を体に流すことで筋肉に刺激を与え、顔や体のラインを整えるのを助ける施術です。
運動が苦手な方でも手軽に筋肉を動かすことができるうえ、肌にもハリ・ツヤが生まれて若々しい印象を作れます。

業務用と同じ周波数で照射できる家庭用のEMS機器も販売されていますので、運動や食生活の改善と合わせて、自分が続けやすい方法を見つけましょう。

株式会社NBSでは、家庭用全身美容器『MetaLT』を開発・販売しております。
エステサロンと変わらない周波数で照射できるEMSをお求めの方は、ぜひ商品ページもご覧ください。