ラジオ波で得られる効果とは?メリット・デメリットも紹介 - 美活コラム

BEAUTY COLUMN ラジオ波で得られる効果とは?メリット・デメリットも紹介

公開日 2023.08.29 更新日 2024.02.14

ラジオ波で得られる効果とは?メリット・デメリットも紹介

ラジオ波は、痩身エステのメニューのなかでも、人気のある施術のうちの一つです。
多くのエステサロンで導入されていますが「どんな効果があるのかはよく知らない」「使うときに何かデメリットはあるの?」と疑問を抱いている方もおられるかもしれません。

 

そこで本記事では、ラジオ波の施術で得られる効果や、メリット・デメリットなどを解説します。
ラジオ波の利点を理解したうえで施術を受けたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

ラジオ波とは

30〜300MHzの高周波電磁波のことを「ラジオ波」といいます。
もとは医療の場で活用されていましたが、現在では美容の分野にも応用されている技術です。

 

この電磁波を肌に照射すると、ジュール熱という摩擦熱が発生して体を内側から温めます。
芯から温まると、体のリズムが整い、肌にハリが出たり、キュッと引き締まったりする効果が期待できます。

 

なお、ラジオ波は主に3種類あり、それぞれの特徴は以下のとおりです。

 

【ラジオ波の種類と特徴】

種類 特徴 期待できる効果
モノポーラ

・+極と-極の器具が別々についている
・電極が離れているため、広範囲に作用して全身の代謝がアップする

・体のリズムを整える
・美しいシルエットをつくる

バイポーラ ・+極と-極の距離が短く、加温する範囲が狭いので、部分痩せ向き ・ハリのある潤い肌になる
マルチポーラ

・3つ以上の電極からラジオ波が流れる
・肌の奥と表面の両方に働きかける

・体のリズムを整え、美しいシルエットをつくる
・ハリのある潤い肌になる

どの種類のラジオ波で施術を受けられるのかは、サロンや美容機器によって変わるので確認してみてください。

ラジオ波とキャビテーションの違い

エステのメニューでラジオ波と同様によく見かける施術がキャビテーション。違いがよくわからないという方もいるのではないでしょうか。ラジオ波とキャビテーションの違いは主に2つ目あります。

1つ目が、「脂肪へのアプローチ方法」の違いです。

 

【アプローチ方法】

 

ラジオ波

キャビテーション

利用するエネルギー

高周波

超音波

アプローチ方法

体を温め脂肪の燃焼や排出を促進

脂肪細胞を破壊し、脂肪を体の外へ排出

ラジオ波は、肌に使用できる高周波(電磁波)を用いた施術です。3つ以上の電極からラジオ波が流れるマルチポーラは、一般的に皮膚から2㎝ほどまで届いているといわれています。体に高周波を当てることで脂肪細胞が振動します。手と手をこすると摩擦で熱が発生するように、脂肪細胞が振動すると熱(ジュール熱)が生まれます。ラジオ波による振動で発生した熱が体の内部を温めると、脂肪を燃焼しやすくしたり、体外へ排出しやすくしたりする仕組みです。

 

一方でキャビテーションは超音波を用いた施術です。大きな特徴が脂肪細胞自体を破壊すること。キャビテーション専用のマシンで超音波を当てると、体の中にある水分から気泡が発生します。その気泡が弾けるエネルギーで脂肪細胞が破壊される仕組みです。破壊された脂肪細胞は血液中に溶け出し、血管やリンパ管を通じて、体の外へ排出されやすい状態となります。

 

ラジオ波とキャビテーションの違いの2つ目が「期待できる効果」です。脂肪へのアプローチ方法が異なれば、期待できる効果にも差が出てきます。

 

【効果】

 

ラジオ波

キャビテーション

期待できる効果

・体が温まって基礎代謝のアップ

・太りにくい体質

・全身痩せ

・即効性

・ピンポイント痩せ

・脂肪が落ちにくい箇所

 

ラジオ波は、高周波の力で脂肪細胞を振動させ、発生した熱エネルギーで体を温めます。そのため、体の内部が温まることで基礎代謝が上がり、太りにくい体質になる効果が期待できます。代謝が低いのが悩みの方や、どこか特定の部分ではなく全身痩せしたい方に向いている施術でしょう。

 

キャビテーションは、超音波の力で脂肪細胞を破壊する施術です。脂肪細胞自体の数を減らすため、即効性が期待できるのがメリットです。また、気になる部位の脂肪にピンポイントでアプローチできるのも特徴。運動では脂肪が落ちにくいお腹の皮下脂肪や二の腕など、部分痩せしたい方に向いている施術です。

ラジオ波で得られる効果

ここからは、ラジオ波によって得られる主な効果を紹介します。

効果①体やフェイスラインがスッキリとする

前述のように、ラジオ波は高周波電磁波で摩擦熱を起こして体を温める施術です。

 

体が深部からしっかりと温まることで、気になる部分がスッキリし、本来の健やかな状態を取り戻せます。
また、顔に使用すると温めとほぐし流す効果で肌が引き締まり、フェイスラインの印象も若々しくなります。

効果②トレーニングをサポートしてもらえる

ラジオ波は脂肪に直接アプローチできるわけではありませんが、体を内部から温めてイキイキとした状態に保ち、間接的にトレーニングをサポートすることが可能です。
超音波で脂肪細胞を振動させて脂肪にアプローチする「キャビテーション」をはじめとする、ほかの施術と組み合わせると、より高い効果を発揮できます。

関連記事:家庭用キャビテーションの特徴・効果とは?使い方や頻度もチェック

効果③肌を健やかな状態に保てる

高周波の電磁波を照射できるラジオ波は、角質層まで届き、細胞にまでアプローチできます。
その結果、肌にハリや弾力が生まれ、本来の美しい肌を取り戻せるのです。

 

ただし、顔の炎症や傷の状態が深刻な場合は、治療してからでないと施術を受けられない点に注意しましょう。

効果④リラックスタイムになる

ラジオ波は、肌の表面ではなく内部を温めるので、施術中は体の奥にじんわりと温もりが広がるような心地よい感覚があります。
ジェルを塗ってから施術するので、機器と肌のあいだに摩擦が起こることもなく、ゆったりとリラックスした時間を過ごせます。

 

体がポカポカする感覚は長時間続くので、施術後も心地よい感覚を味わえますよ。

効果⑤年齢サインへの対策を行える

高周波のラジオ波は、肌を傷つけずに肌の深い部分の細胞まで刺激を与えられる施術です。そのため、年齢とともに衰えていくコラーゲンやエラスチンを生成する細胞にも働きかけてくれます。また、血液循環がよくなる、コラーゲン線維が引き締まるといった効果も期待でき、シワやたるみなど、年齢とともにきになるサインへの対策も行えます。

効果⑥冬場の悩みに効果がある

ラジオ波は冬場の悩みにも効果があります。冬場は加湿器を使っても、クリームを念入りに塗っても肌のかさつきが気になるという方は多いのではないでしょうか。ラジオ波は、肌の新陳代謝をアップさせる働きがあります。代謝が上がって細胞が活性化すれば、潤いのある肌へと導いてくれるほか、毛穴や小じわも目立ちにくくしてくれるでしょう。

ラジオ波の効果をより高めるための習慣

ラジオ波の効果をより高めるためには、以下の5つの習慣を大切にしましょう。

 

【効果を高めるための習慣】

水分補給

1日1~2ℓの水を飲み、脂肪の排出を促す

食事

ビタミン・ミネラル・抗酸化物質など栄養豊富な食事を摂る

保湿

保湿剤やクリームを使用し、肌の水分補給をする

運動

適度な運動で、脂肪燃焼効果を高める

マッサージ

血液やリンパの流れを促進し、脂肪や老廃物を排出しやすくする

 

1つ目が水分補給です。ラジオ波を受けた後は代謝が上がり、デトックス効果が高まります。より老廃物を排出しやすくするためには、水分をたっぷりとりましょう。1日1~2ℓなど、普段より多めに水分をとることで、体内の老廃物が効率的に排出されます。また、水分補給は肌へも潤いを与えてくれます。

 

2つ目が食事です。ラジオ波の施術で代謝が上がると、栄養の吸収率もアップします。栄養を吸収しやすくなっている状態で、ビタミンやミネラル、抗酸化物質を含む栄養豊富な食事を摂ると美肌効果が期待できます。反対に、脂質の多い食事や添加物を多く含んだ加工食品は避けましょう。

 

3つ目が保湿です。ラジオ波で皮膚表面の温度が上昇すると、肌が水分を失いやすくなります。肌の乾燥を防ぐためには、普段よりも念入りな保湿が大切です。ラジオ波の効果を引き出すためにも、保湿剤やクリームで肌のお手入れを行いましょう。

 

4つ目が運動です。施術後は血流がよくなり代謝がアップしている状態です。ジョギングやウォーキングなど軽い運動を取り入れると、脂肪燃焼をさらに高めてくれます。

 

5つ目がマッサージです。エステサロンによっては、ラジオ波とマッサージを組み合わせて施術を行う場合があります。ラジオ波の施術で老廃物が排出されやすい状態になったところでマッサージを行うと、さらに排出が促されるからです。セルフマッサージを取り入れてラジオ波の効果を高めましょう。

ラジオ波に関する注意点

さまざまな効果が期待できるラジオ波ですが、施術を受けられない方もいます。骨折などで体にボルトが入っている方やペースメーカーなど医療電気機器を使用している方です。また、アトピー性皮膚炎や皮膚アレルギーがある方も皮膚がチクチクとした痛みを感じることがあるため受けられません。

ラジオ波の施術を受けるメリット・デメリット

多くの機能をもつラジオ波ですが、実はメリットだけでなく、デメリットもあります。
次でそれぞれ解説しますので、参考にしてみてください。

メリット

ラジオ波の施術を受けるメリットは、以下のとおりです。

【ラジオ波のメリット】

  • 体のリズムが整ってスッキリする
  • 肌が引き締まる
  • トレーニングをサポートしてもらえる
  • 肌を健やかな状態に保てる
  • リラックスできる
  • 痛みがない
  • ほかの施術の効果を高められる
  • 体が温まる
  • 冷え改善
  • 凝りが柔らかくなる

エステメニューのなかには、痛みを感じるものも少なくありませんが、ラジオ波であればほとんど痛みを感じずに施術を受けられます。
また、エステの開始時に使用しておくと、ほかの施術の効果を高められるのも嬉しいポイントです。

デメリット

続いて、ラジオ波のデメリットも紹介します。

【ラジオ波のデメリット】

  • メイクしたままでは施術を受けられない
  • 効果を感じるまでに時間がかかる場合がある
  • 条件によっては施術を受けられない

ラジオ波はメイクをしたまま施術できないため、次に予定があると気軽に施術を受けにくい点がネックです。
施術を受ける方の体質や使用する機器によっては、複数回受けなければ効果が実感できないケースがあるのもデメリットと言えます。

 

また、以下の条件に当てはまる方は施術を受けられません。

【ラジオ波を受けられない方の条件】

  • ボルトや人工関節など、体に金属が入っている方
  • アトピー性皮膚炎や皮膚アレルギーのある方
  • 顔に炎症や傷がある方
  • 化粧品によるアレルギーの既往歴がある方
  • 心臓疾患をお持ちの方
  • 血液異常のある方
  • 妊娠中または授乳中の方
  • 神経障害

上記に当てはまる方は、安全のために施術を控えましょう。

ラジオ波の副作用

基本的に、ラジオ波は人体に悪い影響を及ぼさない電磁波だと言われています。
そのため、ラジオ波を受けたことによる副作用はほとんど起こりません

 

しかし、体が温まることで赤みが出たり、機器を肌に強く当てすぎると内出血が起きたりするなど、まれに副作用が起こる場合があります。

 

また、家庭用ラジオ波の機器やセルフエステでラジオ波を使用する際、出力を誤るとやけどを負う可能性が高まります。
やけどを防ぐためには、同じ箇所にラジオ波を当て続けないようにマシンを常に動かしながら施術することを心がけてみてください。

 

もし、ラジオ波を使用したあとに、肌の赤みやヒリヒリするような痛みが続く場合は、軽度のやけどの可能性もあるので病院に行きましょう。

エステサロンでラジオ波を受けるのがおすすめの方

ラジオ波の施術を受けるには、エステサロンに行くか、家庭用美顔器を購入するかのどちらかを選択します。
どちらを選ぼうか迷っている方に向けて、まずはエステサロンでの施術をおすすめする方の特徴を紹介します。

ほかのエステメニューも受けたい方

キャビテーションやサーマルフラクショナル、EMSなど、ラジオ波以外の施術もあわせて受けたい方はエステサロンがおすすめです。
エステサロンには専用機器がそろっており、豊富なメニューも用意されています。

 

メニューを組み合わせると相乗効果が生まれる場合もあるので、より本格的な瘦身エステをお求めの方は、サロンを利用するとよいでしょう。

時間を確保できる方

ラジオ波の施術をエステサロンで受けるには、サロンに行く時間を確保できる、かつ施術のためにメイクを落としても問題ない日を作らなければなりません。

美容デーとして十分に時間をとれる方はサロンでの施術が向いていますが、忙しくてあまり時間のない方はセルフケアに挑戦するのも一つの手です。

 

家庭用美顔器を購入するのがおすすめの方

現在は、さまざまな家庭用美顔器が販売されており、自宅でもラジオ波を施術できます。
ここからは、自宅での施術のほうが適している方の特徴を紹介します。

節約したい方

エステサロンは行くたびに高額な料金がかかりますが、家庭用美顔器であればその費用を節約できます。
初期費用はかかるものの、複数の機能を搭載し、業務用の機器と同程度の出力を出せる家庭用美顔器を選べば、コストパフォーマンスも高くなります。

好きなタイミングで照射したい方

家庭用美顔器を使えば、エステサロンの予約や移動の手間もかからず、好きなタイミングでラジオ波を照射できます。
たとえば、1日の終わりにラジオ波で体を温めて、凝りをほぐし、リラックスしてから就寝するといった使い方は、自宅でのセルフケアならではの魅力でしょう。

 

ラジオ波の施術を受ける際のポイント

ラジオ波は効果的で安全性の高い施術ですが、注意しておきたいポイントが2つあります。

継続して受ける

ラジオ波は、脂肪量が多い方ほど効果を感じやすいのが特徴です。
そのため、水分を貯め込みやすい方や体脂肪率の低い方のなかには、1回の施術ではあまり効果を感じられず、不満に思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

何度か施術を受けていると徐々に効果が出やすくなるので、2回3回と継続するようにしましょう。

適切な頻度で受ける

継続して施術を受けることをおすすめしましたが、ラジオ波を短期間のあいだに繰り返し施術すると、かえって肌に負担をかけてしまいます。
一般的に、ラジオ波の適切な施術頻度は、エステサロンの場合は1週間に1回程度、家庭用美顔器であれば1週間に3回程度とされています。

 

最適な頻度は体質や使う機器によっても変わるので、エステティシャンや商品サイトを通して確認してください。

【関連記事】

ラジオ波を毎日使うと痩せる?使用頻度と効果を上げるコツ

十分に水分をとる

ラジオ波の施術を受ける前は、しっかりと水分をとっておくこともポイントの1つです。

ラジオ波の施術を受けると、体が温かい状態を保てるようになったり、スッキリとした毎日を送れるようになったりするなど、体にとって多くの嬉しい効果があります。
このように、快適な毎日をサポートするためにも、水分をとることが重要だと言えるのです。


水分をとる際は、体を冷やさないように常温の水や白湯を選びましょう。

糖分が含まれるジュースやアルコールなどは、施術を受けると体の吸収力が上がって脂肪になりやすいため、控えることをおすすめします。


また、ラジオ波は体内の水分を利用して発熱させる施術であるため、体内が水分不足とならないように対策するという意味でも、水分をとっておくことは大切です。

痩せやすい時期を選ぶ

痩せやすいときに、ラジオ波で体をより活発な状態にすると、さらに高い効果が期待できます。


女性の体は、月経後から排卵日前が特に痩せやすい時期と言われています。

この時期は、むくみが解消したり代謝が上がったりしているため、ダイエットする時期としてはぴったりです。


また、春や夏よりも冬のほうが痩せやすい傾向にあるため、施術を受ける季節も意識してみるとよいかもしれません。

キャビテーションと合わせて受ける

ラジオ波は痩せやすい体づくりをサポートできますが、脂肪を直接減らせないため、脂肪に悩む方は物足りなさを感じるかもしれません。
キャビテーションは脂肪細胞に直接アプローチするため、余分な脂肪をなくすことができます。

しかし、マッサージや運動などのセルフケアを行わないと、壊れた脂肪を体外に排出することはできません。

そこで、脂肪を破壊してくれるキャビテーションと、体の巡りを良くしてくれるラジオ波を組み合わせると、効率的に理想のスタイルに近づけるというわけです。
より高い痩身のサポート効果を求めている方は、この2つを組み合わせて施術を受けてみてはいかがでしょうか。

ラジオ波の施術を受ける場合にかかる費用の目安

エステサロンの場合、ラジオ波の施術は1回あたり5,000円から20,000円程度が費用の相場です。
継続したいと考えると、人によっては少し高いと感じる値段かもしれません。

さらに、1回目と2回目以降で料金が変わることもあるため、ご自身が通える料金設定がされているのかも知っておくと安心です。
そこで、経済的な負担を減らしてラジオ波を継続したい方は、家庭用美容器を購入するのも一つの手です。


多くのエステサロンでは、120分の施術を6回受けられるコースのように、回数を相談してラジオ波の施術を受けられるようになっています。
しかし、個人差はありますが、決められた回数では理想のスタイルに近づけず、回数を追加するケースも多くあります。
予算に合わせてエステサロンを選択しても、当初の予定より高い費用がかかることもあるかもしれません。

その点、家庭用美容器は一度購入すれば、それ以上費用がかさまないため、安心して継続できそうですよね。

たとえば、家庭用美容器のMetaLTは165,000円(税込み)で販売されています。
1か月、1年とたくさん回数を重ねたいと考えると、この値段で使い続けられるのはお得だと言えるのではないでしょうか。

MetaLTの購入ページはこちら>

業務用と家庭用でのラジオ波の効果の違い

現在では家庭用ラジオ波の機器も増え、エステサロンやセルフケアなど、ラジオ波の施術を受ける場所も広がっていますよね。
ラジオ波の仕組み自体は、業務用も家庭用も変わりませんが、出力の高さに違いがあるため、得られる効果には差が生じてしまいます。


クリニックやエステサロンで扱う業務用のラジオ波は、高出力の機器が使用されています。

そのため、家庭用と比べると体の温まり方や効果を感じるスピードには違いがあるのです。


対して、家庭用ラジオ波の機器は事故を防いで、安全に使用してもらうために機器の出力が低く設定されているものが多くあります。

効果が出ないということはないものの、体の温まり方が緩やかだったり、効果を実感するまでに少し時間がかかったりするという点は、覚えておきましょう。

ラジオ波で体の奥から温め、健やかな体やスッキリしたフェイスラインを維持しよう

いかがでしたでしょうか。

ラジオ波は、肌の内側を温めて凝りのほぐし、体のリズムを整えるほか、トレーニングをサポートする効果があります。
また、細胞にアプローチして肌にハリや潤いを与えたり、リラクゼーションとして楽しんだりすることも可能です。

エステサロンと家庭用美顔器のどちらでも施術可能なので、ご自身に合ったほうを選んで利用しましょう。

株式会社NBSでは、1台で5役をこなす家庭用美顔器『MetaLT』を提供しています。
ラジオ波だけでなく、サーマルフラクショナルやEMSなどを含む人気の施術メニューも搭載しており、家庭用でありながら業務用機器に匹敵するパワーを備えています。
家庭用美顔器をお探しの方は、ぜひ商品ページもご覧ください。