【ほうれい線ができる原因】正しいケア方法を紹介 - 美活コラム

BEAUTY COLUMN 【ほうれい線ができる原因】正しいケア方法を紹介

公開日 2024.02.15 更新日 2024.04.10

【ほうれい線ができる原因】正しいケア方法を紹介

加齢とともに、ほうれい線の存在が気になりはじめると思います。
ほうれい線があると年齢よりも老けて見える、疲れた印象を与えがちです。
「ほうれい線を何とかしたい」「ケア方法が知りたい」とお考えの方も多いでしょう。

 

そこで本記事では、ほうれい線ができる原因と、効果的なケア方法を紹介します。
ほうれい線に関する悩みを抱えている方や、予防方法を探している方は、ぜひ参考にしてください。

ほうれい線はたるみを原因とするしわの一種

ほうれい線は、小鼻から口の両側を通り、あごにかけて伸びる「ハ」の字型のラインで現れるしわの一種です。
特に笑った際に目立つことが多いです。

 

しかし、笑うこと自体が直接的な原因ではありません。

加齢とともに目立つほうれい線

ほうれい線の形成は、加齢による影響が大きく関与しています。
年齢を重ねるにつれて、骨や皮下脂肪など肌内部の構造が変化し、結果として顔の皮膚にたるみが生じます
このたるみがしわとして現れるのが、ほうれい線です。

 

多くの女性が30代を過ぎるとほうれい線が気になりはじめ、加齢と共に深さや目立ち方が増していくでしょう。

たるみの原因

たるみやしわの原因は、複数の要因が関与しています。原因を理解することは、効果的なケア方法を見つける上で重要といえるでしょう。

  • 紫外線
  • 表情筋の筋力低下

たるみは単なる表面的な問題ではなく、肌の内部構造や全身の筋肉の状態に深く関連しています。

 

関連記事:たるみを予防するための4つの方法と効果的な改善策について

紫外線

紫外線、特に「UVA」と呼ばれる生活紫外線は、肌トラブルを引き起こす主な原因の一つです。
UVAは波長が長く、室内にいても窓ガラスを通して肌に届くほど。
紫外線は肌の深層部である真皮層に到達し、コラーゲンやエラスチンを生成する線維芽細胞にダメージを与えます。

 

コラーゲンとエラスチンは肌の弾力やハリを保つために不可欠で、これらの構造が損なわれると、たるみやしわの原因となるのです。
また、紫外線により活性酸素が生成されると、肌の形成に必要な成分の力を弱め、バリア機能を低下させます。

表情筋の筋力低下

加齢により表情筋の筋力が低下することも、顔のたるみの大きな要因です。
特に頬の部分にある表情筋は、肌を支える役割を担っています。
これらの筋肉が衰えると、頬の脂肪が支えられず、肌全体が下垂し、たるみが生じるのです。

 

こうして発生するたるみは、ほうれい線の目立つ原因となります。
さらに、加齢は肌の弾力を失わせるだけでなく、顔を支える筋肉や骨自体の萎縮も引き起こします。
中でも、表情筋や後頭部から背中にかけて広がる僧帽筋の衰えは、顔のたるみに大きく影響するといわれています。

 

また、タンパク質の糖化も老化の一因に。
糖分が加齢やストレスの影響で変化し、正常なタンパク質と反応することで、肌の弾力が低下し、たるみやしわの増加につながるのです。

ほうれい線ができると印象はかわる?

ほうれい線が顔に現れると、その人の印象は大きく変わることがあります。
特に、ほうれい線が深くなると、顔の全体的な表情が老けた印象を与えることが一般的。

 

ほうれい線は、顔のたるみや皮膚の弾力の低下を示すシグナルとして捉えられることが多く、加齢の象徴と見なされるのです。

笑顔で若々しさや活力が出せない

また、ほうれい線は顔の動きや表情に深く関係しており、笑ったり話したりする際に特に目立ちます。
そのため、ほうれい線が深いと、笑っているときに疲れた印象や、老けた印象を与えるでしょう。
笑顔が若々しさや活力を象徴する一方で、ほうれい線がその効果を薄れさせてしまうのです。

顔全体の老化につながる

ほうれい線は顔の他の部分に影響を与えることも。
例えば、ほうれい線が深い人の顔は、頬やあごのラインもたるんで見えることが多く、全体的な老化の印象を強めることになります。

 

第一印象において、ほうれい線の有無や深さが大きく影響することもあるでしょう。
職場やプライベートでの出会いにおいて、ほうれい線は相手に与える印象を大きく左右する要素の一つとなるのです。

ほうれい線をケアする方法

ほうれい線をケアする方法として、以下5点に注目しながら実践していきましょう。

  • 紫外線対策を入念に行う
  • 美顔器を使用する
  • 表情筋のマッサージ・トレーニングを行う
  • DMAEを摂取・塗布する
  • 糖化に注意する/li>

順番に解説していきます。

紫外線対策を入念に行う

ほうれい線予防の基本は、紫外線対策です。
日焼け止めは必ず使用するようにしましょう。

SPFとPA

日焼け止めには「SPF」と「PA」の2つの指標があります。
SPFはUVB(肌が赤くなる原因)から肌を守る効果の指標で、数値が高いほど保護効果が強いことを意味します。

 

一方、PAはUVA(肌の深い部分まで浸透する紫外線)から肌を守る効果を示し、+の数が多いほど保護効果が高いです。
日常生活ではSPF10程度、PA+程度の日焼け止めで十分な保護が得られますが、屋外活動時はより高い保護効果がある製品を選ぶことが望ましいです。

 

また、屋内や曇りの日でも油断は禁物。
波長の長いUVAは、窓ガラスを通過して室内にも侵入し、曇りの日でも肌にダメージを与えます。
そのため、屋内にいる時や曇りの日でも、日焼け止めの使用やUV効果のある化粧下地を使うことが重要です。

日焼け後の保湿ケアも徹底

万が一日焼けした後は、肌の乾燥を防ぐためすぐに保湿ケアをしましょう。
日焼けによって敏感になった肌には、化粧水をたっぷり使い、水分を補給してください。

 

これにより、日焼けによる肌のダメージを抑え、ほうれい線の深刻化を防ぐことが可能です。
常日頃から紫外線対策と、日焼け後の適切なケアが、ほうれい線予防の鍵となります。

美顔器を使用する

ほうれい線の対策には、美顔器の使用も検討してみましょう。
美顔器はいくつか種類があり、それぞれ異なるメカニズムで肌の状態を改善し、ほうれい線の軽減を図ることができます。

 

重要なのは、自分の肌状態や目的に合わせて、適切なタイプの美顔器を選ぶことです。

EMS美顔器

一つの例として、高周波や超音波を発生させる美顔器があります。
高周波で肌を温め、超音波で皮膚を振動させることによって、皮膚の細胞を活性化させ、ほうれい線対策を行います。
また、低周波を発生させるEMS(Electrical Muscle Stimulation)美顔器も、ほうれい線対策で有効な美顔器の一つです。

 

EMSは、低周波で皮下の筋肉を動かし、表情筋を鍛えることでたるみを予防し、ほうれい線の目立たない肌へと導きます。
使用頻度は週2〜3回が目安ですが、メーカーの推奨頻度を守ってください。

LED美顔器

LED美顔器は、赤色、黄色、緑色、青色など異なる色のLED光を肌に照射することで、肌の状態を改善します。
赤色は肌の弾力アップやしわの改善に効果を発揮してくれるため、ほうれい線対策では赤色のLED美顔器を選ぶようにしましょう。

 

使用頻度はメーカーによって異なるため、注意しながら使用してください。

RF(ラジオ波)美顔器

RF(ラジオ波)美顔器は、水分と反応して電磁波を肌に流し、「ジュール熱」を発生させます。
これにより、皮膚の奥のコラーゲンやエラスチンに熱変形を起こし、肌再生を促す効果が期待できます。

 

加えて、筋肉や脂肪に熱を加えることで、リフトアップ効果も。
信用頻度は週2〜3回、1回10分程度です。

あの“エラボトックス”で叶えられる小顔が『MetaLT』1本で手に入る!

 

MetaLTは業界初のサーマルフラクショナルを搭載した、プロ仕様の家庭用全身美容器です。
業務用機器と同様の出力にもかかわらず、エステサロンに通うよりもコスパよく、頭皮から足裏まで全身をお手入れできます。

ほかにも、MetaLTにはこんなメリットがあります! 

★変化をすぐに実感できる
★5つのモードのなかから好きなモードを選んで簡単にお手入れできる
★デザイン性が高くインテリアとしても成立する
 

効果・機能性・使いやすさが揃った美容器をお求めの方には、自信を持っておすすめしたい商品です。
また、ショッピングローンをご利用いただければ、毎月6,800円の24回払い・手数料無料でご購入が可能です 

MetaLT』は“美肌+小顔+エイジングケア”のすべてにアプローチできます

 

美顔ローラー

美顔ローラーは、転がすだけで肌に優しい刺激を与え、リフトアップ効果をもたらします。
ほうれい線や目周りなどのエイジングケアにも有効的ですが、過度な使用は肌に負担をかけるため、使用頻度や方法に注意が必要です。

 

また、肌に炎症を起こしている部分は避けるようにしてください、

表情筋のマッサージ・トレーニングを行う

ほうれい線を改善するためには、表情筋をマッサージし、トレーニングすることが効果的です。
簡単なトレーニングとして「あ・い・う・え・お」と大きく口を動かす、笑顔の表情を作る、口を閉じた状態で舌を動かす、ガムを噛むなどがあります。
これらの方法は口周りの筋肉を鍛え、たるみを防ぐのに役立つでしょう。
また、僧帽筋のストレッチもほうれい線改善に効果があるとされています。

 

定期的なマッサージも重要で、特に頬骨の下の靭帯をマッサージすることで表情筋や肌のハリを保つことができます。
しかし、過度な表情筋トレーニングは筋肉を傷つけ、しわを深くする恐れがあるため、自然な表情作りを心がけましょう。
毎日の簡単なケアが、ほうれい線の予防につながります。

関連記事:【たるみを撃退】顔のリフトアップに効果絶大な方法

DMAEを摂取・塗布する

DMAE、正式には「ジメチルアミノエタノール」と呼ばれます。
アセチルコリンの前駆体として知られ、筋肉の収縮を助ける役割を担っているため、特に加齢に伴う肌のたるみやしわに効果的だとされています。
年齢とともに減少するアセチルコリンを補うことで、顔のたるみ改善が期待できるのです。

 

自然界では、特にイワシやサケなどの魚類に多く含まれています。
脂肪酸の一種であるDMAEは、抗炎症作用も持ち、皮膚の弾力低下の防止に役立ちます。
さらに、血行を良くする効果や、紫外線から細胞を守る働きも期待できるため、くすみの改善にも役立ってくれるでしょう。

糖化に注意する

ほうれい線対策において、注意すべき点の一つが「糖化」です。
上述したように、糖化は体内で過剰な糖分がタンパク質と結合することにより発生する現象で、肌の老化を加速させる原因の一つとされています。

 

糖化が進行すると、肌のコラーゲンやエラスチンなどのタンパク質の機能が低下し、結果として肌の弾力や柔軟性が失われます。
結果、たるみやしわ、ほうれい線の形成に繋がるのです。

糖分の摂取を控える

糖化を防ぐためには、糖分の摂取を控えることが重要です。
特に加工食品や甘いお菓子など、糖分が多く含まれる食品の過剰な摂取は避けるべきでしょう。

 

また、バランスの良い食事を心がけることで、体内の糖分の過剰な蓄積を防ぎ、糖化を抑制できます。

抗酸化物質にも気をつける

さらに、抗酸化物質を豊富に含む食品の摂取も、糖化を防止するために大切です。
野菜や果物、全粒穀物、ナッツなどに含まれるビタミンやミネラルは、肌の健康を守り、糖化によるダメージを軽減する効果が期待されます。

 

適切な栄養の摂取は、肌の若々しさを保つために重要だと覚えておきましょう。

ほうれい線が気になりはじめたら|MetaLTは5つの嬉しい機能を搭載

ほうれい線が気になりはじめた方におすすめなのが、同社の「MetaLT(メタエルティ)」です。
高機能美容器として、業務用美容機器と同等の効果を、自宅で実現することを目指して開発されました。
MetaLTは、TFMode(サーマルフラクショナル)を始めとする、5つの先進的な機能を備えています。

 

RFMode(ラジオ波)、EPMode(エレクトロポレーション)、EMSMode(イーエムエス)、MCMode(マイクロカレント)が含まれており、これらの機能を使って肌の深層にアプローチすることが可能です。

 

また、注目すべきは簡単な操作性。
オートモードにより、操作開始からわずか4秒でお手入れがはじめられ、適切なお手入れ時間とモード変更が自動で行われます。
これにより、自宅でリラックスしながら、手軽にプロ並みのケアを実現することが可能になります。

 

NBSは、これまでエステやサロンで使用される業務用の美容機器の企画開発に携わってきた実績があり、その知見を活かして家庭用美容器MetaLTを開発しました。

商品の購入ページはこちら
MetaLTの徹底レビューはこちら

ほうれい線は日々の対策が重要

いかがでしたでしょうか。
この記事では、ほうれい線やたるみの原因として、日常生活の積み重ねや表情筋の衰えなどを解説していきました。
たるみは年齢に関わらず対策が必要で、セルフケアや美容医療を利用することで予防や改善が見込めます。

 

また、顔のたるみは身体全体の状態とも密接に関連しており、全身ケアの重要性もご理解いただけたでしょう。

 

そこでおすすめなのが、株式会社NBSが提供する家庭用全身美容器『MetaLT』です。
頭の先から足の裏まで、全身をケアすることができます。
「MetaLT」に関する詳しい情報は、商品ページで確認できます。
顔のたるみを取り除き、長く若々しい肌を保ちたい方は、ぜひチェックしてみてください。