アンチエイジングの定義とは?効果的な習慣・成分も紹介 - 美活コラム

BEAUTY COLUMN アンチエイジングの定義とは?効果的な習慣・成分も紹介

公開日 2024.02.15 更新日 2024.04.10

アンチエイジングの定義とは?効果的な習慣・成分も紹介

年齢を重ねるにつれて気になるアンチエイジングですが、実際にどのような対策が効果的なのでしょうか。
そんな疑問を解決するため、この記事ではアンチエイジングの基本的な定義から始まり、医療技術の進歩、日々の生活で実践できる習慣、さらに美容医療によるアプローチまでを網羅的に解説しています。

 

また、アンチエイジング効果のある成分や栄養素についても詳しく紹介。
アンチエイジングについて気になる方は、ぜひ参考にしてください。

 

アンチエイジングの定義

アンチエイジングは、「抗」を意味するアンチ(anti)と「加齢」や「老化」を指すエイジング(aging)の合成語です。
文字通り「抗加齢」や「抗老化」を意味し、老化に対抗するさまざまな取り組みを指します。

 

アンチエイジングは、単に見た目の若さを保つことだけではなく、しわ、たるみ、くすみといった老化の徴候を予防する、減少することが目的です。
また、美容の側面だけでなく、健康と長寿を目指す「医療・健康」の観点も重要視されており、健康的な生活を支えるための医学的アプローチが取り入れられています。

エイジングケアとの違い

アンチエイジングと似た言葉に「エイジングケア」がありますが、基本的に大きな違いはありません。
エイジングケアは「老化しないためのお手入れ」といった意味ですが、特定の表現が禁止されている場合に、2つの言葉を使い分けているのです。

 

具体的には、薬機法により「アンチエイジング」という用語の使用が制限されている化粧品や健康食品は、「エイジングケア」が代わりに用いられます。

アンチエイジングの敵

アンチエイジングへの取り組みにおいて、紫外線、酸化、糖化、ストレスは敵として考えます。

 

これらの要因を理解し、適切に対処することがアンチエイジングの成功に不可欠です。
一つずつ見ていきましょう。

紫外線によるダメージ

紫外線は肌を老化させる大きな原因の一つです。
紫外線を浴びると、肌の細胞内で活性酸素が生成され、肌の酸化や老化を引き起こします。

 

活性酸素は肌のコラーゲンやエラスチン線維を変性させ、肌のハリや弾力の低下、しわやたるみの原因に。
そのため、日頃の日焼け対策が重要です。

酸化とフリーラジカル

酸化とは、余分な酸素が体内でフリーラジカルや活性酸素に変わる現象です。
酸化は老化の加速だけでなく、がんや糖尿病、動脈硬化などの生活習慣病の原因にも。

 

フリーラジカルや活性酸素の増加を抑制するためには、紫外線やストレス、不健康な食生活、タバコやアルコールの過剰摂取などの外部要因を改善することが重要です。

糖化の問題

糖化は体内の余分な「糖」が原因で起こります。
特に甘いお菓子やジュースなどの過剰な糖分摂取は、肌を老化させる大きな要因に。

 

余った糖が体内のタンパク質や脂肪と結びつくことで、悪玉物質である「AGEs(終末糖化産物)」が生成され、肌の老化やさまざまな病気の引き金になるのです。

ストレスの影響

アンチエイジングは「心」の健康も非常に重要です。
ネガティブな思考やストレスは、表情を老けさせるだけでなく、活性酸素の増加にもつながります。

 

一方で、ポジティブシンキングは自信を与え、ストレスを緩和し、アンチエイジングに効果的です。
笑顔を意識するだけでも、脳がポジティブなシグナルを受け取り、老化の予防につながると考えられています。

アンチエイジングに関する医療技術の進歩

アンチエイジング分野における医療技術は、近年進歩し発展を遂げています。
ここでは、再生医療や遺伝子研究について紹介していきます。

再生医療

再生医療は、細胞、組織、あるいは器官の機能を回復させるための治療法です。

 

注目すべき技術は、幹細胞を用いた療法。
幹細胞は、損傷した組織の修復や再生に重要な役割を果たします。
この技術を利用することで、皮膚の老化に対処、しわやたるみなど外見上の老化現象を改善することが期待されています。

遺伝子研究

また、遺伝子研究におけるブレークスルーも、アンチエイジングに大きな影響を与えています。
特に、老化に関連する遺伝子の特定や、その働きを解明する研究において、「テロメア」と呼ばれる染色体の末端部分の長さが、細胞の老化に密接に関連していることがわかっています。

自分でできるアンチエイジング習慣

アンチエイジングは、専門的な医療技術に依存するだけではありません。
日々の生活習慣によっても、老化の速度を遅らせることができます。

 

ここでは、自分で実践できるいくつかのアンチエイジング習慣について説明します。

運動

身体活動は、アンチエイジングにおいて非常に重要な要素といえます。
まず、無酸素運動は成長ホルモンの分泌を促進することで知られています。

 

成長ホルモンは筋肉量の増加、脂肪の減少、皮膚の健康維持などに関与し、高強度インターバルトレーニング(HIIT)は、細胞の寿命の指標である、テロメアの長さを延ばす効果があるとされています。

 

上述したように、テロメアの長さは細胞の老化と密接に関連しており、HIITのような運動は細胞レベルでのアンチエイジングに貢献する可能性があります。

良質な睡眠

質の高い睡眠は、身体の修復プロセスに不可欠です。
睡眠中は成長ホルモンが分泌されるため、筋肉の修復や再生が促進されます。

 

また、良い睡眠はストレスホルモンのレベルを下げ、心身のリラクゼーションを促進。
一方で睡眠不足は、皮膚の老化を早めるため、十分な睡眠を取ることはアンチエイジングの重要な習慣です。

ファスティング

ファスティングやカロリー制限は、アンチエイジングに効果的とされています。
適度なカロリー制限は、体内の代謝プロセスを最適化し、老化に関連する疾患のリスクを低減することで知られています。
ファスティングは、体のデトックス効果を促進し、身体の自己修復メカニズムを活性化させることができるでしょう。

紫外線対策

紫外線対策は、皮膚の老化を防ぐために不可欠です。
紫外線は肌のコラーゲンやエラスチンを破壊し、しわやたるみの原因に。

 

日焼け止めの使用、日傘や帽子など物理的な保護、紫外線を遮断するサングラスの着用は、日常生活における効果的なアンチエイジング対策です。

美容医療によるアンチエイジング

アンチエイジングにおいて美容医療は、さまざまなアプローチがあります。
ここでは、再生医療、ラジオ波、美顔器について紹介していきます。

再生医療について

再生医療は、細胞や組織の機能を回復させることを目的とした治療法です。
特に注目したい幹細胞療法は、損傷した組織の修復や再生に使用され、肌の若返りやダメージの修復に効果的。
自然な方法で肌の若返りを促進するとされています。

ラジオ波について

ラジオ波治療もアンチエイジングにおいて広く使用されています。
ラジオ波は深部の組織を温め、コラーゲンの生成を促し、肌の引き締めやしわの減少に寄与。
非侵襲的でありながら、効果的なアンチエイジング治療として人気があります。

関連記事:ラジオ波で得られる効果とは?メリット・デメリットも紹介

美顔器の使用

美顔器の使用も、アンチエイジングの一環です。
現在さまざまな種類の美顔器が存在し、それぞれが異なるメカニズムで肌に働きかけます。

 

具体的には、超音波美顔器、LED光療法、マイクロカレント、エレクトロポレーションなどが挙げられます。
これらの機器は、自宅で手軽に利用でき、継続的な使用により肌の質を向上させる効果が期待できるでしょう。

関連記事:美顔器はたるみに効果的?たるみの原因と基本的な対処法

 

あの“エラボトックス”で叶えられる小顔が『MetaLT』1本で手に入る!

 

MetaLTは業界初のサーマルフラクショナルを搭載した、プロ仕様の家庭用全身美容器です。
業務用機器と同様の出力にもかかわらず、エステサロンに通うよりもコスパよく、頭皮から足裏まで全身をお手入れできます。

ほかにも、MetaLTにはこんなメリットがあります! 

★変化をすぐに実感できる
★5つのモードのなかから好きなモードを選んで簡単にお手入れできる
★デザイン性が高くインテリアとしても成立する
 

効果・機能性・使いやすさが揃った美容器をお求めの方には、自信を持っておすすめしたい商品です。
また、ショッピングローンをご利用いただければ、毎月6,800円の24回払い・手数料無料でご購入が可能です 

MetaLT』は“美肌+小顔+エイジングケア”のすべてにアプローチできます

アンチエイジング効果のある成分・栄養素

アンチエイジングで効果があるとされる成分・栄養素は以下の通りです。

  • ファイトケミカル全般:植物由来の抗酸化物質。リコピン、クルクミンなど。フリーラジカルのダメージを軽減し老化を遅らせる。
  • アスタキサンチン:カロテノイドの一種。健康的な肌に導く。
  • シスチン:アミノ酸の一種で、体内のグルタチオン生成をサポート。グルタチオンは強力な抗酸化作用を持つ。
  • ビタミンC:コラーゲンの生成を助け、肌のハリや弾力を保持。また、抗酸化作用により肌の老化を防ぐ
  • ビタミンE:細胞膜を保護し、肌を健康に保つ。
  • ビタミンA:肌の再生を促進し、しわやたるみの減少に寄与
  • ビタミンD:骨の健康維持に重要。免疫システムのサポートも担う。
  • 亜鉛:細胞の修復・成長に必要。

普段の食事から摂取できればベストですが、サプリメントなどを活用し効率よく栄養補給していきましょう。

年齢サインを感じたら|MetaLTは5つの嬉しい機能を搭載

MetaLT(メタエルティ)は、現代の美容ニーズに応えるため、株式会社NBSによって開発された家庭用の全身美容機器です。
年齢に関わらず美しさを保つ過程を全力でサポート。
若々しい肌を維持し、時を重ねても美しい自分でいるための最良のパートナー、それがMetaLTの目指すところです。

 

具体的には、以下5つの主要機能で全身にアプローチしていきます。

  • TFMode(サーマルフラクショナル):肌の再生
  • RFMode(ラジオ波):コラーゲン生成を促進
  • EPMode(エレクトロポレーション):美容成分の深層への浸透
  • EMSMode(イーエムエス):筋肉の引き締め
  • MCMode(マイクロカレント):肌のキメを整える

また、操作性の点でMetaLTは特に優れています。

 

オートモード機能により、4秒でフェイスケアがスタートし、お手入れの時間とモードが自動的に調整されます。
これにより、ユーザーは簡単かつ快適に、楽しみながら効果的なアンチエイジングが可能となっています。

アンチエイジングは習慣的にケアが必要

いかがでしたでしょうか。
この記事では、アンチエイジングの重要性と現在の医療技術、日々の生活で実践できる効果的な習慣などを総合的に解説してきました。

 

エイジングサインが気になりはじめたら、まずは自分でできるアンチエイジングに取り組んでみましょう。
アンチエイジングについての包括的な知識を深めるために、この記事は大変役立つでしょう。
そのほか、美容医療やサプリメントの活用なども検討してみてください。

 

株式会社NBSの家庭用全身美容器『MetaLT』は、頭皮から足裏まで、全身のアンチエイジングケアが可能です。
顔だけではなく、全身ケアが可能である点が大きな特徴。
『MetaLT』の詳細は、製品ページでご覧いただけます。
長期にわたって若々しい肌を保ち、年齢に左右されない美しさを追求したい方は、ぜひチェックしてみてください。