「肌管理」とは?おすすめの方法8選と肌を美しく保つための秘訣 - 美活コラム

BEAUTY COLUMN 「肌管理」とは?おすすめの方法8選と肌を美しく保つための秘訣

公開日 2024.05.09 更新日 2024.05.21

「肌管理」とは?おすすめの方法8選と肌を美しく保つための秘訣

美容系情報を求めている方に向けて、肌管理の方法や、肌を美しく保つための秘訣をご紹介します。
最近SNSでも話題の肌管理。
始めてみたいと思っても、ご自身の肌にとって一番良い方法がわからない方もいらっしゃるようです。

 

そこで具体的な肌管理の方法と、肌を美しく保つための方法についてご紹介していきます。
参考にして実践していただければ、肌質が改善でき、今までにない美しい肌をキープできるようになるかもしれません。

肌管理とは?正しい意味を紹介!

「肌管理」とは、肌を美しく維持するための管理全般のことを指します。
たとえば美容医療でニキビをケアしたり、シミやシワを除去したり、アンチエイジングケアを行ったりすることです。

 

美容医療の分野では、レーザー治療や水光注射、サーマルフラクショナルなどの美容機器などさまざまな施術方法があります。
セルフケアでは改善が難しい悩みでも、美容医療の力を借りればあっという間に改善できることも珍しくありません。

 

自分の悩みに合った施術方法を選び、美しい肌を維持しようとするのが肌管理の意味です。

肌質改善には限界がある?

肌質改善はセルフケアでも行えますが、限界があることも事実です。
たとえばご自身で100%に近い紫外線対策を行おうとすれば、毎日を楽しめないかもしれません。
スキンケアによる徹底的な保湿対策も、仕事が忙しければ疲れて怠ってしまうこともあるでしょう。
完全なセルフケアを目指せば、肌質改善が実現される可能性もあります。

 

しかし毎日完璧を目指すのは難しいこと。
まして肌管理とは表面的な美しさだけではなく、根本的な肌質を改善することが目的です。
そのためご自身でのケアで十分な効果を実感できるかどうかはわかりません。
美容医療の力を借りずに肌質改善をすることには、ある程度限界があるのではないでしょうか。

肌を美しく保つ秘訣とは

それでは肌を美しく保つにはどのようなことを心がけるべきかご紹介していきます。
肌管理の一環としても必要となることですので、ぜひ今日から意識してみてください。

秘訣1:正しいスキンケアを行うこと

まずは正しいスキンケアを行うことが重要です。
スキンケアは古くなった角質を除去したり、うるおいを補ったり、肌内部の水分をとどめたりと大切な役割を果たします。

 

メイクはクレンジングできれいに落とし、洗顔のときはゴシゴシと擦ることなく優しく洗いましょう。
洗顔が終わったら化粧水や乳液、クリームなどを使ってうるおいを補います。

 

ピーリングは一時的に肌がきれいになったような気がしますが、実はターンオーバーを早めてしまう原因にもなりかねません。
サイクルが早まり未熟な細胞が肌表面に出てきてしまうと、肌にトラブルが起こりやすくなります[1]。
またダメージを受けると硬くなり、ごわつき感が現れることも[1]。
正しいスキンケアを行えばターンオーバーが正しく、うるおった肌を目指せるはずです。

秘訣2:紫外線対策を十分に行うこと

続いては紫外線対策を十分に行うことです。
強い紫外線を長時間浴びることでシミやシワが形成されやすくなります。
光老化と呼ばれますが、光老化の80%が太陽からの紫外線が原因です[2]。

 

紫外線にはUV-AとUV-Bの2種類があり、シミはUV-Bにより引き起こされます[2]。
シワはUV-AとUV-Bの両方が原因であり、毎日の紫外線対策が徹底されていれば軽減できるでしょう。

 

曇っていても冬場でも紫外線は常に地上へと降り注いでいます
日焼け止めは毎日塗り、日差しが強い日はサングラスや日傘、UVカット効果のある洋服で防いでください。
また自宅では窓にUVカットフィルターを貼ると、室内に入り込む紫外線を防ぎやすくなります。
シミ・シワなどの老化を防ぐには、紫外線対策を十分に行うことが欠かせません。

秘訣3:ストレスを溜めないこと

ストレスを溜めないことも大切です。
実は肌と神経は関係性が深いと言われています[3]。
ストレスが溜まると肌の免疫力が低下したり、バリア機能が低下したりして[3]弱い肌になってしまいます。

 

完全にストレスを取り除くことは簡単ではありません。
しかし日々の中でご自身のストレスに気づいたり、解消したりするための行動は大切です。
好きなことをする時間を取る、何も考えない時間を過ごす、アロマを焚く、入浴・運動をするなど、ストレス解消法を見つけましょう。

秘訣4:生活習慣を整えること

日常生活の中での肌管理には、生活習慣を整えることが欠かせません。
肌は日々の生活の中で作られます。

 

原料となるのは毎日の食事の中で摂った栄養素
そして肌が作られるのは睡眠中に最も多く分泌されると言われる成長ホルモン[4]によってです。
成長ホルモンは細胞分裂を促進して肌を修復し、バリア機能を高めます[5]。

 

眠りについてからすぐに訪れるノンレム睡眠の最中に多く分泌されますが、途中で起きるとすぐに分泌が抑えられてしまうことが特徴です[5]。
そのためぐっすりと眠らなければ肌のバリア機能が低下したり、十分に修復が進まなかったりするでしょう。
生活習慣を整え、しっかりと睡眠をとることが日常の中でできる肌管理の基本です。

秘訣5:肌に必要な栄養素を摂取すること

美しい肌を作り出すには、肌にとって必要な栄養素を摂取しなければなりません。
肌に良いとされる栄養素は、たんぱく質、ビタミンA・B・C・Eなどです。

 

たんぱく質は肌の原料となり、ビタミンA・Bは肌の健康を整える役割を果たします。
ビタミンCはコラーゲンを生成するために必要で、ビタミンEは抗酸化作用によって肌の酸化を防ぐ栄養素です。

 

ただし栄養素は偏るとうまく働かなくなってしまうため、まんべんなく、偏りなく摂取することが重要なポイントです。
主食・主菜・副菜・汁物が揃った食事を心がけると、栄養バランスの良い食事になるとされます。
肌にとって必要な栄養素を意識しながら、バランスの良い食生活を目指しましょう。

肌質改善におすすめの美容医療

肌管理を行うと肌質改善も目指せます。
それではどのような美容医療で改善が見込めるのか、8種類の施術方法について見ていきましょう。

おすすめ美容医療1:フォトフェイシャル

「フォトフェイシャル」はシミ・くすみ・赤ら顔・毛穴引き締め・キメ改善に効果的な施術です。
幅広い肌トラブルに対処できる上に肌へのダメージが少ないことが特徴と言えます。
シミと赤ら顔など、複数の肌悩みに同時に対処可能です。

 

また特に肌悩みがない場合でも、コラーゲン生成の働きを高めることにより美肌づくりに役立ちます。
ダウンタイムがなく、すぐに洗顔やメイクができることも特徴のひとつ。
さまざまな肌悩みを解消へと導きながら、美肌も目指せる人気の施術方法です。

おすすめ美容医療2:ポテンツァ

「ポテンツァ」とは、マイクロニードルと高周波を組み合わせて肌悩みに対処する施術方法のことです。
マイクロニードルで肌に微細な穴を開け、薬剤の浸透を促します。

 

そして高周波の照射により、コラーゲンやエラスチンを生成する肌自体の能力を高める施術です。
チップを取り替えることでさまざまな効果を発揮します。
小ジワやニキビ、ニキビ跡、たるみ、シミ、肝斑、タイトニングなどの効果が期待できるでしょう。
肌自体の能力を高める施術方法であるため、肌質改善の効果が高いとされています。

 

関連記事:ポテンツァに期待できる4つの効果とより良い結果を得るためのコツ

おすすめ美容医療3:レーザートーニング

シミや肝斑などの色素沈着に悩んでいる方におすすめなのが「レーザートーニング」。
通常であれば、肝斑はレーザー治療によって悪化する恐れがあるとされています。

 

しかしレーザートーニングは独自の照射技術によって、色素沈着を生じさせることなく肝斑への効果を発揮します。
また色素沈着だけでなく、くすみや毛穴の引き締めにも効果的です。
肌がくすんでいる、シミが気になるなどの悩みを抱えている方の肌管理にピッタリの施術方法だと言えます。

おすすめ美容医療4:エレクトロポレーション

有効成分を肌の奥深くまで届けるのが「エレクトロポレーション」です。
化粧水に含まれる美容有効成分は、一般的に肌の奥深くまでは届きません。
肌の表面をうるおわせるものであるためです。

 

その点、エレクトロポレーションは一時的に肌の表面に隙間を作り出し、有効成分を肌の奥まで導きます
浸透させる薬剤は成長因子やヒアルロン酸、トラネキサム酸、ビタミンCなどさまざま。

 

肌悩みに応じて適切な薬剤を使用できるため、対応できる肌悩みの幅が広いことが特徴です。
浸透させる能力はイオン導入の約20倍とされており、高い効果が期待できるでしょう。

 

関連記事:エレクトロポレーションとは?【最近注目のスペシャルケア】

おすすめ美容医療5:ケミカルピーリング

「ケミカルピーリング」は、ニキビやくすみ、肌のざらつきに悩んでいる方におすすめの施術方法です。
酸性の薬剤を塗ることにより、肌の表面に残っている古い角質を除去します。
古い角質が残ってしまうのは、ターンオーバーの乱れが原因であることも多いものです。

 

そこでケミカルピーリングをすれば、ターンオーバーの正常化が促されます。
ざらつきが解消されるとともに新しい角質の生成が促進されるため、古い角質によるくすみも解消されるはずです。
同時に毛穴の汚れも除去することにより、ニキビの改善・予防にも効果を発揮します。

おすすめ美容医療6:水光注射

続いてご紹介する「水光注射」とは、美肌効果のある薬剤を、肌に直接注入する施術のことを指します。
薬剤にはヒアルロン酸やアミノ酸、成長因子、抗酸化成分などが含まれており、肌質改善に効果的です。

 

肌のうるおいやハリ、弾力を求める方、シワやキメの改善をしたい方、エイジングケアや毛穴の引き締めを希望する方に適しています。
使用する薬剤によって効果が変わるため、肌悩みに対するピンポイントのアプローチも可能。
手軽に肌管理をしたい方は、水光注射を受けてみてください。

おすすめ美容医療7:ピコフラクショナル

「ピコフラクショナル」はニキビ跡、毛穴の開き、凹凸を改善することに特化した施術方法です。
レーザーの照射により肌に微細な穴を開けて、傷が治る過程においてコラーゲンやエラスチンの生成を促します。
フラクショナルレーザーよりも痛みが弱く、ダウンタイムが短めであることが特徴です。

 

肌へのダメージも比較的少ないため、レーザー治療において安全性を重視する方におすすめです。
全般的に肌を滑らかにする効果が高い施術方法であり、凹凸感が気になっている方に適します。

おすすめ美容医療8:LDM

最後にご紹介する「LDM」とは、肌に弾力とうるおいを与えながら引き締めも行えるもの。
「水玉リフティング」とも呼ばれます。

 

密度の高い振動エネルギーを与えることにより、肌を潤わせながらコラーゲンの生成も促します。
そのためシワ、たるみ、保湿に特に効果的です。
肌細胞の生成・分解のバランスを正常化させる作用もあるため、肌質を改善したい方の肌管理に役立つでしょう。

肌管理をして自慢ができるたまご肌へ!

自慢ができるようなたまご肌になるには、肌管理をするのがおすすめです。
ご紹介したように、肌管理の方法はいくつもあります。

 

まずはご自身にとっての肌悩みを理解し、解消できる施術方法を見つけてください。
肌管理を行えば肌質が改善され、施術直後はもちろん、将来の肌の状態も改善できるようになるはずです。
自慢ができるたまご肌を目指しましょう。

肌管理で自身がもてる美肌に

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことで、肌管理についてご理解いただけたと思います。

 

肌管理の方法はさまざまです。
日々の生活の中でできることを行いながら、美容医療の力を借りて美肌を手に入れましょう。
美顔器を取り入れることも効果的です。

 

NBSでは5つの機能を搭載した、業務用と同じ深さまでアプローチできる家庭用全身美容器『MetaLT』をご提供しています。
ワンランク上の肌管理にぜひお役立てください。

[1]

参照:消費者庁:(PDF)ニキビ・肌荒れ・肌ツヤに免疫力を忘れてはいけません!!

[2]

参照:環境省:(PDF)第3部参考資料

[3]

参照:JSTAGE:(PDF)精神的ストレスと皮膚

[4]

参照:JSTAGE:(PDF)睡眠関連ホルモンの計測

[5]

参照:JSTAGE:(PDF)睡眠を介した全身健康「睡眠ヘルスケア」価値の創出

 


監修者

小島なつり

カスタマーサポート責任者
カスタマーサポート責任者/営業事務チーム責任者/プロエステティシャン

大学卒業後NBSへ入社。エステサロンの勤務から始まり、数々の経験を経て店舗責任者として勤務。
サロンにおいてはサロン売上№1、新規カウンセリング平均成約率95%、お客様指名率№1、アンケート回収率№1など、様々な実績を打ち立てた。後に本社勤務として転属し現在はカスタマーサポート責任者として、オーナー様やサロン顧客様の満足度向上を果たすために様々なサポートを実施中。

NBSにおける自分の信念

常に現場目線でいること。これは、弊社のお客様目線であることはもちろんですが、その先のエンドユーザー目線であること。そして一緒に働くスタッフに対してもです。どんな業務においても相手のためになることをしていきたいです。

▼セミナーでメイン登壇者としての実績も有
https://www.youtube.com/watch?v=FD-gc4m1V7I

▼Instagram所属チーム
nbs_salonsupporter

▼Instagram管理アカウント
nbs_official
n_ayamisato
metalt_official